「千と千尋の神隠し」 博多座

2022年5月20日(金)

19時~  15000円  東宝

原作   宮崎 駿
演出   ジョン・ケアード

主人公の千尋は10歳の少女。両親と共に引越先の新しい家に向かっていました。
千尋たちがのる車はいつの間にか不思議な雰囲気の町へ迷い込んでしまいます。
その奇妙さから、千尋の両親は車を降りて、
どんどん奥深くに足を踏み入れるのでした。千尋はそのあとをついて行きますが、
なんと両親はいつのまにか豚にされてしまい――。
不思議な世界へ迷い込んだ10歳の少女、千尋の成長ファンタジー物語です。
(公式サイトより)

原作は映画館では観ていないけれど、テレビで放送があるたびに観ていた。
宮崎作品の中でも好きな作品のひとつだ。いろんなシーンを思うにつけ、
いったい舞台でどういう演出になるのだろう??? ワクワク
上白石姉妹はすごく好きな女優さんで、最近テレビでも頻出しているのでうれしい。
ということで、今回は萌音ちゃんの回をゲットしてみた。

舞台セットがすごい、ドライブシーンから不思議な世界までの期待を裏切らない。
ほぼ、映画のシーンを忠実に再現してあって、かなりお金をかけているのがわかった。
油屋は普通に温泉浴場のように描かれているけれど、実際は売春宿の設定だったとか?
あまりそういう感じではないので、子供向けにいいのかも。気にはならない。 
薬湯をいれる装置(管?)は古典的な装置でおもしろかった。
さすがに本物のお湯は使えないね。
食事シーンはどれも作り物で、ちょっと残念。まあ日に2公演したりするので無理か。

さらに、登場人物。人間でないものをどう表現するのか。
一番気になっていたのは湯婆婆、ビッグな顔はパーツを組み合わせて作成。
そう、ライオンキングの亡きムファサの顔?のように。←わかりにくいw
豚やカオナシ、坊、釜爺などは被り物でリアルに表現。
釜爺のたくさんの手足は大勢の人が動かしていた。
そう、リトルマーメイドのアースラのようにw
まっくろくろすけがすごく可愛かった!グッズにあったのかなぁ?

ジョン・ケアードの演出は素晴らしかった。原作を損なうことなく再現させていた。
出演者のキャスティングも見事で、特にカオナシの存在しない存在感?というか、
そういうものをダンサーで表現したのは感動だった。辻本さんで観たけれど、
菅原さんも観たかったな~~

パンフレットのあいさつ文をジョン・ケアードと奥さんの今井麻緒子さんが並んで
書いていたけれど、今井さん、事故にあったようで、詳細はわからないけれど、
今回の公演とつなげた思いを書かれていた。

ほんとに世の中どうなっていくのか、自分がどう生きていくか、問われている
時代だな。。


キャスト
千尋    橋本環奈、上白石萌音
ハク    醍醐虎汰朗、三浦宏規
カオナシ  菅原小春、辻本知彦
リン、千尋の母  咲妃みゆ、妃海風
釜爺    田口トモロヲ橋本さとし
湯婆婆   夏木マリ朴路美
兄、千尋の父   大澄賢也
父役    吉村直
青蛙    おばたのお兄さん