「PEACE HILL2~東京オリンピック奮闘記~岡部平太物語」 西鉄ホール

2021年6月4日(金)

13時~ 3500円  ギンギラ太陽'S×劇団ショーマンシップ

原作  橘京平「Peace Hill 天狗と呼ばれた男 岡部平太物語」より
脚本  大塚ムネト
演出  大塚ムネト・仲谷一志

近代スポーツに人生を捧げ「日本選手のオリンピック必勝法」をあみだした男!
日本がオリンピックに初めて参加したのは、1912年のストックホルム大会。
しかし、当時の日本は「近代スポーツ」に取り組み始めたばかりで、
良い成績を残せなかった。
そこに現れたのが、アメリカで近代スポーツを学んで帰ってきた「岡部平太」
指導者としてだけれはなく、身体能力にも優れ、自らも選手として活躍していた
岡部は「世界に通用する日本選手」を育てようと奮戦する。
しかし、精神論が支配する日本では、岡部のスポーツ改革はなかなか
うまくいかなかった。日本を飛び出し「満州」に活路を求める岡部。
日中の「スポーツによる平和親交」を目指すが、
戦争により全てを奪われてしまう。
そして終戦。焼け野原が広がる福岡に戻った岡部は、平和への願いを込めた
平和台陸上競技場」をつくり、戦後初の国体を地元福岡で開催するのだった。
(公式サイトより)

いやおもしろかった!!
スポーツ大好き、オリンピック大好きな私は
2019年NHK大河の「いだてん」にはまった。
もちろん、東京オリンピックのチケット予約も頑張ったけれど玉砕。。。涙
それが良かったのか悪かったのか。。。微妙
菅首相ではないけれど、1964年の東京オリンピックは小学校1年生なれど、
結構はまって見ていた、特にバレーボール。親も好きだったからかもしれないね。
今はコロナ禍でのオリンピック開催か?という瀬戸際である。
無事に終了することを祈るのみ。

それにしても、タイムリーな作品だったな~大塚さんの作品は福岡の現状を
演じたものも多いけれど、今回は日本の今に鋭く迫っている。
「いだてん」では金栗四三さんと田畑政治さんにスポットが当たっていたけれど、
この作品は岡部平太さん。初めて知ることばかりだった。
加納治五郎さんが作った日本スポーツ界の基礎からどんどん進化していった。
現在では幼少からの科学的トレーニングも確立しつつある。
スポーツの世界も変わってきたよね。ワクワクが止まらない。

ショーマンシップの仲谷さんとのタッグも抜群で、被り物も時々登場してくれて
楽しくてわくわくする歴史の勉強となった。
初めて見る役者さんも多数いて、たどたどしいながら演劇界も若返って
いるんだな、と思いながら観た。
それにしても宗さんの演技力には改めて脱帽。
若くて少しも色あせない迫力のある演技を観て、やっぱり演劇っていいな~
ギンギラメンバーもショーマンシップメンバーも頑張って!(⌒∇⌒)

キャスト
仲谷一志、大塚ムネト、生田晃二、杉山英美、上田裕子、宗真樹子、栗野直樹
山口泰弘、福澤究、大城真和、東沙耶香、松尾佳苗、古澤大輔、米倉佳奈
溝田優、久保美月、荒木ロンペー、北田祥一郎、ゴリけん、立川生志

f:id:teru1016:20210616094151j:plain

 

6月落語茶屋ソネス【配信】「講談について知ってみようか」 席亭宅

2021年6月1日(火)

20時半~ 無料(おひねりでタニマチ札)

◎講談についてフリートーク前半
  痛風亭魚弱(いわし) / 矢野 勝久
  クロキカオリ
 席亭のクロキちゃんといわしさんの講談に関してのトーク?って感じかな。
 講談は神田伯山さんが有名になって私も非常に気になっていた。
 以前、春野恵子さんの浪曲を聞いたときも恐る恐るという感じだったけど、
 初心者にもやさしい内容だった。神田伯山さんは厳しそうな感じがして。。汗
 でも、機会があれば観にいってみたい。
 さて、いわしさんもとても興味を持って講談の勉強をしているとのこと。
 講談の歴史、落語との違いや、道具(はり扇)などの説明など
 とても面白かった。とういうか二人の掛け合いや突っ込みコメントへの
 反応、面白すぎたw
 
◎幕間歌謡
  タケダ2000GT
 久しぶりかな?いつもの演奏も快調だったし、なぜか席亭家にあった三味線に
 興味を持って弾いてみると、これが上手い! 実際はどうかわからないけれど、
 上手く聞こえるw
 三味線も併せて4曲披露。いい声です♪

◎講談についてフリートーク後半
 講談について更に読み進め、最後に実際の講談を披露。
 おーかっこいい。はり扇はあまり使わないそうだ。
 イメージとしてパンパンたたいている気がするけれど、
 カメラの中央にはいわしさんが作っているという兜飾り。
 この説明もいろいろしてくれてとても興味深かった。
 来年はうちの孫の初節句。いわしさん、安くして~~~(^^;
 
 来月は緊急事態宣言も解除されていると思うのだけど、
 状況はどうなっているのだろう?
 不安だけど楽しみでもある。

f:id:teru1016:20210604093944j:plain

 

「いのちの停車場」 映画

2021年5月29日(土)イオンシネマ大野城 

15時10分~  1100円

監督  成島出
原作  南杏子
脚本  平松恵美子

長年にわたり大学病院の救命救急医として働いてきた白石咲和子は、
ある事情から父・達郎が暮らす石川県の実家に戻り、
在宅医療を行う「まほろば診療所」に勤めることに。
これまで自分が経験してきた医療とは違うかたちでの“いのち”との
向き合い方に戸惑いを覚える咲和子だったが、院長の仙川をはじめ、
診療所を支える訪問看護師星野、咲和子を慕って診療所にやって来た
元大学病院職員の野呂ら周囲の人々に支えられ、
在宅医療だからこそできる患者やその家族との向き合い方を見いだしていく。
(公式サイトより)

映画が休業要請となり、それに対しての吉永小百合さんの訴えが目をひいた。
もちろん、映画だけには限らないだろうけれど、コロナの影響を受けて
自粛や時間短縮など我慢しなければならないことはあると思うけれど、
素人が考えても不公平な指示がでてることはあきらかだった。
具体的な政策はワクチン以外、ほとんどない状態での緊急事態宣言。
いろんな情報に踊らされ憤り不満に思い、声を大にして言いたい人たちは
たくさんいるだろう。
あまり影響を受けていない身としては、正しい情報を受け止め、
感染収束の邪魔にならないようにしていかなければならないと思う。

というわけで、内容的に気になっていたこの作品を観にきた。
寿命が長くなり、介護の必要な人が増えてきた現在でこの終末医療
とても重要な案件になってきている。
私事でもわが親が介護が必要な状況となり、施設に入居という事態に
なって、いろいろと勉強したり考えたりすることが増えた。

この映画でもいろんな患者が登場して、身近に思う人もたくさんいて
辛いんだけど、うらやましいなと思うことも少しあった。

しかし、短時間の映画でちょっと詰め込みすぎの感は否めず、
映画としての評価は、あまり高い点はつけられないけれど、
若い役者、すずちゃんや桃李くんたちが好演だった。
吉永さんの作品はあまり観たことがないのだけど、
やっぱりキャラクター的にお医者さんはちょっと無理があったような感じ。
父親との関係やラストの曖昧さも少し消化不良。
安楽死をテーマにした作品もいつか作られたらいいなと思う。

重い内容だったけど、夫といろいろと話ができたのは良かったかな。

キャスト
白石咲和子  吉永小百合
野呂聖二   松坂桃李
星野麻世   広瀬すず
若林祐子   南野陽子
宮崎一義   柳葉敏郎
寺田智恵子  小池栄子
江ノ原一誠  伊勢谷友介
柳瀬尚也   みなみらんぼう
並木徳三郎  泉谷しげる
宮嶋友里恵  森口瑤子
並木シズ   松金よね子
中川朋子   石田ゆり子  
白石達郎   田中 泯
仙川徹    西田敏行

f:id:teru1016:20210604093526j:plain

 

「ロボット・イン・ザ・ガーデン」 キャナルシティ劇場

2021年5月7日(金)

13時半~ 9900円 劇団四季

原作  デボラ・インストール
台本・作詞  長田育恵
演出  小山ゆう

アンドロイドが人間に代わって家事や仕事を行う、今からそう遠くない未来。
イギリスの田舎町に住むベンは両親を事故で失って以来、
無気力な日々を過ごしていた。
妻・エイミーとの夫婦仲もうまくいかない。
そんなある日、庭に壊れかけのロボットが現れる。
「きみの名前は?」「…タング」
ロボットに不思議な魅力を感じ、ベンはあれこれと世話を焼く。
そんなベンに愛想を尽かし、ついに家を出て行くエイミー。
ショックを受けるベンだが、タングを修理するため旅に出ることを決意する。
アメリカ、そして日本へ。やがて、ある事実が明らかになる……。
(公式サイトより)

四季のオリジナルファミリーミュージカルかと思っていた。
違った。 今の時代に心に訴える素敵な作品だったよ。
ロボットが主人公の映画は何本か見たことがある。
ディズニーでもあるよね。ベイマックスとかウォーリーとか。
心を持たないはずのロボットとの心のふれあい。
時代にかかわらず、胸を打つんだけど、今、この病んだ世界に向かって、
苦しいくらいのメッセージを発信していた。

両親の死後、心を閉ざしたベンと会った壊れたロボットタングは、
互いに慰め合って、世界中をめぐって彼の製作者を探していく。
その製作目的が悲しいものだったとしても、タングの心には優しいベンの
心がちゃんと伝わっていく。

世界中の人間にできないはずはない。
どうしてこんな争いが多いのか。優しい気持ちになれないのか。
自国優先になってしまうのか。

と、重い気持ちはおいといて、可愛い可愛いタング♪
劇場に入ったときから舞台中央にうつむいてまるで居眠りしているような。。
そして、2人が来て彼を持ち上げる。あーーーそういうことか!
ライオンキングのパペットと同じなんだ!全く前知識持ってなかった(^^;

美女と野獣のチップみたいに、小柄な役者?か子供が入ってるのかと思っていた。
だからはじめのほうはどうしても操作の2人に目がいってしまっていたけれど、
だんだん、タングだけが見えてくる。
ベンやリジーたちが向ける優しいまなざし。心に響く。
悪用しようとしていた人間のかわりに謝りたいくらい。
エイミーとの夫婦の心のすれ違いもタングが埋めてくれた。
本当に良かった。

ベン役の田邊さんは昔からよく見てきたけれど、一番印象に残っているのは
マンマ・ミーアのスカイ役だな~なぜか・・
昔と変わらずかっこいいけれど、ベテランになったね。
そして、ラスボス?のポリンジャー役の野中さん!大ベテラン!
長く四季でやっている役者さんは本当になつかしい。
女優さんはほとんど知らなかったけれど、みんな素敵だしレベルが高い。

本当に今が我慢の真っただ中だと思うけれど、昔のように大声で応援できるまで、
しっかり舞台を残していってください。
お願いします。

次はキャッツだ!!

キャスト
ベン    田邊 真也
タング   斎藤 洋一郎  長野 千紘
エイミー  鳥原 ゆきみ
ボリンジャー 野中 万寿夫
カトウ   萩原 隆匡
ジー   相原 萌
ブライオニー 加藤 あゆ美
コーリー  カイサー タティク
デイブ   長手 慎介
ロジャー  五十嵐 春

f:id:teru1016:20210517161106j:plain
f:id:teru1016:20210517161039j:plain

 

 

「魔界転生」 博多座

2021年4月26日(月)

11時~ 6500円  企画・製作 日本テレビ

原作  山田風太郎
脚本  マキノノゾミ
演出  堤幸彦

長崎は島原で、禍々しい魔界の力を借りて、天草四郎が甦る。
四郎は幕府への復讐を決意し、「魔界転生」という妖術を使い、
歴史に名を残す剣豪を次々と甦らせる。
荒木又右衛門、田宮坊太郎、宝蔵院胤瞬、宮本武蔵柳生宗矩
錚々たる猛者たちが黄泉の国から転生した。
対する隻眼の剣士・柳生十兵衛を中心とする幕府方。
果たして戦いの結末は・・・

3年前に観たときもすごい迫力にわくわくした。
キャストを見ると結構同じ役者さんが登場しているね。
天草四郎(小池鉄平)とお品(藤原紀香)が大きな違いかな。

十兵衛役の上川さんは全然変わらない。
相変わらずおちゃらけていて、アドリブもたくさん!
そしてその殺陣捌きは父宗矩役の松平健さんとともに抜群だ。
ド素人でも観てて鳥肌が立つくらいすごいと思う。

若い剣豪たちもたぶん新しいメンバーだとは思うけど、
あまり知った顔がいない・・ イケメンばっかりだったけど。
でも確かに、若いっていうだけで花があるよね。

鉄平くんは童顔で若く見えるけど、しっかり演技巧者で、
四郎役を適格に演じていたと思う。
フライングも見事だったけど、客席まで飛んできてくれたら良かったのに~
天草四郎だけでいろんな舞台があるし、いろんな人物に描かれているけれど、
生きているうちは自分のすべてを出せないでいた凡人だったのかもしれない。
歴史は苦手なんだけど、最近のドラマや舞台などで少し面白さがわかって
きたような感じ。

カーテンコールではなぜか上川さんが挨拶後にグッズ紹介。
いや。。キャラメルボックスならわかるけど(^^;
こんな大きな舞台でグッズの紹介って。。あったっけか?
気取らなくて自然体で本当に素敵な役者さんだ。
もっと舞台で拝見したいな。
そういえば、紀香さんとの絡みのとき、「ラブリンごめん」だってw
そして、ナレーションがラブリン(愛之助さん)だったみたい。
パンフレットになかったので間違いかもしれないけれど。

舞台はいろんな世代が融合しているものが好きだ。
同世代だけの舞台もおもしろさはあるけれど、特にエンタメの舞台は
重厚な部分とフレッシュな部分があるほうがわくわくが倍増する。

博多座の次の東京公演は緊急事態宣言のため中止になった。
忘れていたのに思い出しちゃった。。。

観れるときに観れてほんとに良かった。
早く思う存分、舞台にひたれる時代が来ますように。。


キャスト
柳生十兵衛  上川隆也
天草四郎   小池徹平
お品     藤原紀香
根津甚八   村井良大
柳生又十郎  木村達成
田宮坊太郎  田村 心
小栗丈馬   岐洲 匠
戸田五太夫  宇野結也
荒木又右衛門 財木琢磨
由比正雪・叢雲常陸 山口馬木也
宮本武蔵   渡辺大
淀殿     浅野ゆう子
柳生宗矩   松平 健

f:id:teru1016:20210507112051j:plain

 

「演劇とその分身」福岡市赤煉瓦文化館

2021年4月21日(水)

19時~ 演劇書を読む会

アントナン・アルトー

ペストと同じように、演劇は悪の時間であり、黒い力の勝利である―
「残酷の演劇」を宣言して、演劇を根底から転換させようとしただけでなく、
思想・芸術に決定的な影響を与えたアルトーの代表作を
第一人者が鋭意の新訳(鈴木創士訳)。

アルトー、幼少の病気のせいで、麻薬の常用者になったり、
精神病として入院させられたりなど、壮絶な人生だったと思われる。
本の内容は非常に難しく、翻訳のせいかなとも思ったのだけど、
この訳者は非常に適格に訳していると評価されている。
今までの訳者もかなり苦労して訳したのだろうな~

苦労して読んだけれど、演劇ってそんなに切羽詰まったものなんだろうか?
演劇に限らず、芸術家は極端にストイックな考え方を持つ人が多いような気がする。
まあいいか、という生ぬるい人生しかおくれない自分にとって、
すごいな、というかうらやましくさえある。

今回は参加者4人でいろいろな話ができたので、いつもの緊張は和らいだ。
いつもこのくらいの参加があるといいな~(^^)

f:id:teru1016:20210507111805j:plain

 

4月落語茶屋ソネス 【配信】トーイとたーしーの「時そば研究会」 席亭宅

2021年4月6日(火)

20時半~ 無料(おひねりでタニマチ札)

<出演>
痛風亭 十一弱/到生
流洒落家 酔兎/田島宏人
タケダ2000GT

用心の上、今回も配信で提供されたソネス落語。
1年前から、たった1台のiPhone撮影から始まったソネス落語配信。
めちゃくちゃレベルがあがって、もうテレビ番組のような様相を呈している。
機材の性能もいいのだろうけど、スタッフの技術レベルの高さに驚く。
全体を魚眼レンズのようなうつし方をするのも面白かった。

さて、今回は。。。。
トーイとたーしーの同級生コンビが、古典落語の定番「時そば」を題材にして、
ふだんの稽古のしかた、組立て、掘り下げ方などをお互いに見せながら、
「この時この場限りの時そば」を作ってくれた。

もう30歳?前後の彼らだろうけど、ほんと可愛くて幼い感じがいい。
トーイくんもWET BLANKET時代から見ているけれど、ちょっと丸くなって
安定感が出たかな。たーしーくんはそめごころ所属で注目の役者さん。
ソネス落語にきたときはちょっとびっくりした。
芸が広い役者さんだと思う。演出も。

時そばの話は有名だけど、軽快なしゃべりとそばのすすり方がポイントだね。
2人のあーだこーだと稽古の様子を見て楽しかった。
ちゃちゃを入れるクロキちゃんも面白い。
前半、後半の間に竹田2000GTさんのライブが入る。いい味が出ているね。

さあ、来月はどうかな?

f:id:teru1016:20210412175205j:plain